変換とその歴史

部品

LED照明に関してはここ十数年で格段に普及してきました。
そもそもLEDは1993年に青色のLEDが広く商品化できるようになり光の三原色がそろったことで格段に広がりを見せました。
それまで赤色と黄色については作成されていました。
しかし青色がないことで作り出すことが出来ない色があったわけです。
三原色そろい白色の明かりが作れるようになったことで一般家庭用の照明器具として数が増えてきました。
今では国内の流通量の半数以上をLED照明が占めています。
以前の照明器具よりも消費電力が少ないことから国をあげて、また世界的にもこのLED照明の普及に力を入れています。
LED照明は一度購入するとしばらく購入しなくてもよいので企業からすると発展途上国など新規開拓に力が入れられています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031